« I Remember Berklee ⑦ | トップページ | I Remember Berklee ⑨ »

I Remember Berklee ⑧

Japan Club

朝起きると案の定エリザベスはまだ寝ている。さっさと支度をして朝食を食べ、母親と友人、マリさんや英会話の先生キャシーにはがきを書いた。どの人にも「無事バークリーに着いた。心配しないでくれ」と書いた。今日は午後12時からバーベキューパーティがあり、美香と行く約束をしていたので、殺人事件多発地帯のおそるべしフェンウェイパークへ向かった。公園にはたくさんの人がいたので安心。胸に名前と専攻楽器を書いたシールを貼って、ハンバーガーにかぶりつきコークをぐびぐびと飲んだ。やはりここは危険な場所なのか警備員や警官が見回っている。ボストンポリスと書かれたパトカーも止まっている。(こんなにたくさん人がいるし、何かあったら大変だもんなぁ~)そう思いながらたまたま知り合ったイタリア人の女の子と話していると、日本人のとても美しい女性に声を掛けられた。彼女は北国出身のけいこさん、オリエンテーションの時、タクと一緒にいたけいこさんとは違う。でもこちらのけいこさんもヴォーカル専攻だそうなのでこれで2人のけいこさんというヴォーカリストと知り合ったことになる。

そのうちバンド演奏が始まると言うのでステージ(と言ってもただの木陰なのだが)近くに移動した。そこで昨日あったRに会った。Rはルームメイトだというマレーシア人のウェイウェイと何人かのマレーシア人と一緒にいた。彼女ら一人一人とあいさつをして、芝生に腰を下ろし、バンドの演奏を聴いた。天気もいいしこんなにのんびりしたのはなんだか久しぶりのような気がした。アメリカに来る前は2日前まで仕事をしていたし、いざ着いてからも緊張の連続で、よく考えたら音楽も聴いていない。(わ~気持ちいいなぁ・・・)とのびのびしながらふと見ると前にサングラスをかけたエリザベスがいるではないか、しかも隣にはエリザベスと一緒にいるには少し若すぎる白人男がいる。(ひぇ~エリザベスもここに来ていたのか・・・)しかし無視するのもなんなので「Hey!」と声を掛けると「ハーイ!リカ」と昨夜とはうって変わって元気なお応えが帰ってきた。昨夜も元気なことは元気だったが酔ってくだを巻くエリザベスはちょっと怖かった。「今日はこのあとどうするの?」と聞いてきたので、「夕方5時半からジャパンミーティングがあるからこのパーティが終わったら少し部屋で昼寝するわ」(なんたって昨夜のアンタのせいで眠いんだよ)、と心の中で言った。するとやけにしおらしく「そうね、あなた眠いはずだわ」と言う。どうやら一応反省しているらしい。異国人との生活が始まってまだ1週間も経っていないがこれからもいろいろなことがありそうだ。

ゆっくり昼寝をして5時半からのジャパンミーティングに出かけた。現在バークリーに日本人は全校生約3000人の1割、300人ほどいるという。このうちいったい何人参加するのだろうと思いつつ部屋に入った。新入生は20人、上級生のリーダーが一人いる。顧問はピアノ科助教授の竹中真氏である。ピアニストでもある氏は、日本の音楽雑誌ジャズライフでもコラムを書いており、私も当時は毎月読んでいた。写真で見た限り厳しい感じの人で、日本人バークリー生が年々増えていくことを快く思っていないのではないかと勝手に想像していたが、とっても感じのいい方で、ジャパンクラブは異国での慣れない生活でノイローゼにならないようサポートするためにあるのだ。とおっしゃっていた。そして当面の予定として氏の自宅でのバーべキューパーティが9月17日に、ボストンの大学にある日本人会対抗のソフトボール大会が20日に行われるという案内があった。「ソフトボールか・・、久しぶりにやってみたいなぁ・・」私は中学生の時ソフトボール部にいた。それから15年ほど経っており、当時もへたくそだったが、今再びやっても体が動かないだろうな、とは思ったがなんか楽しそうだ。最後に毎週金曜日にミーティングとセッションがある、という話があり、今日のミーティングは終了した。

この後、夜は新入生歓迎のコンサートがあるというのでBPCに向かった。ギタリストのジョン・スコフィールドが出るというのでホール内にはたくさんの人がいる。ビッグバンドやスモールコンボ、ジャズやファンク、フュージョンなどいろいろな形態の音楽を聴き、最後に待望のジョン・スコフィールドが出てきた。バークリーにはジョン・スコフィールドアンサンブル、という、彼の曲ばかりをやるアンサンブルクラスがあり、そのクラスの生徒とのジョイントだった。ギタリストがジョンのほか3人いて皆とても上手だった。

昼間のバーべキューパーテイでも音楽が聴けたし、さすがに今夜はエリザベスもおとなしく寝ている。いよいよ明日はどのクラスになるかわかる日なのである。


« I Remember Berklee ⑦ | トップページ | I Remember Berklee ⑨ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125801/52203224

この記事へのトラックバック一覧です: I Remember Berklee ⑧:

« I Remember Berklee ⑦ | トップページ | I Remember Berklee ⑨ »