« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

残高の証明

かつて「人間の証明」「野生の証明」などの映画やテレビドラマの番組があったが、私の場合は「残高の証明」である。TOEFLでは思ったほど苦労せず目標の点数に達したが、ある程度の金額を貯めそれを示さなくてはいけない、ということは一連の留学準備の過程の中でもっとも困難なことであった。この時私は母と2人で暮らしていた。私が今の言葉で言えばブチ切れて父を追い出したため、父親はどこかをさまよう生活だったと思うが、結局伯母のところに身を寄せているようだった。しかしいきなりばらばらになった家族ゆえ、後から何かと用事ができる。そんなわけで父も時々私と母の住む「ナメクジ屋敷」に来ることがあった。「追突事故を起こして、相手から電話があるから」と言って電話を受けるために来た時は、私は「一文無しになったうえに事故!!どうしてこんなに嫌なことばかり続くのだろう」と頭にきて、キーキーと父をなじった。母も「わけわかんないうちに事故った・・」と言ってお金の無い中やっと買った軽自動車を廃車にする羽目になったりと、この頃は皆、精神状態がおかしかったのでと思う。父はだんだん身なりもおかしくなり、伸びきった白髪と無精ひげだらけのいでたちで家に来た。その姿を見るたび私は情けなくなった。かつての父は月に一度きちん行きつけの床屋に行って散髪し、毎朝ひげもきちんと剃り・・という典型的なお父さん風だったのに、この頃はホームレス風に成り下がっていた。陶芸家や書家に見えなくも無かったが、事実、乞食の親父である。現在はすっかり元の姿に戻ったが、当時をなんとか振り返ることのできる今、あのときの印象的な父の姿を写真にとっておけばよかった、と思う。

27才の時に、マリさんに出会い、わけがわからぬうちに奨学金をとり、準備期間のリミットは3年間だ~っ!と思って、昼間は会社に行き、夜クラブ(今どきの「クラブ」ではない)でピアノを弾き、休日はヤマハでピアノを教え、クレストフォーでも演奏し、そんなことをしているうちになんとかお金も貯まってきた。銀行で、「私には大学に通えるだけのお金があります」ということを示す、「残高証明」を作ってもらい、TOEFLの結果や、願書と一緒にアメリカに送った。そしてなんとか1997年の9月に入学できることになった。しかしもちろん卒業するまでいられるわけがない。私は、辛い現実から少しの期間逃げられればそれでいいと思っていた。ジャズを本気でやろうとか、プロになろうとか、全然思っていなかった。むしろ帰国後は再び身を粉にして母との生活のために働き、それで一生終わろうと思っていた。

入学までの間、バークリーからはたくさんの書類が届いた。学費を納めてください。とか、あなたのルームメイトはこの人です。とか、予防注射を打ってください。とか、保険はどうしますか?など・・・。ひとつひとつ対応、確認しながら、相変わらず、マリさんのところと英会話教室にも通う日々が続いた。だが肝心のことは後回しになっていた。家族にはまだ何も言っていなかった。職場にも言わなくてはいけない。帰国後、私は慣れ親しんだ今の職場に復帰できればよいと思っていたが、新しい職場で新しい仕事をしたほうが気持ちが切り替わっていいかなという気にもなっていた。この頃は今ほど不景気ではなかったのだろうか・・。仕事は40才まではなんとかあるだろうと思っていた。ヤマハの教室も休業というかたちをとらなくてはいけない。ヤマハの規定では休職は1年が限度だ。アメリカの大学は4ヶ月で1学期なので、2学期行って退学という形をとるつもりだった。少しだが背負っているものもあり、一度社会に出てから留学するということは、わかってはいたが大変なことであった。

Img

退職より10か月くらい前の社員旅行、太ももを出しているのが私。家では辛いことばかりでも仕事のときは楽しかった。忙しいとき、失敗したときも多々あったが、経済的、精神的な面でも仕事に救われていたと思う。今でも、かつてよりさらに拡張されたビルの前を通るたび、懐かしく、感謝の気持ちでいっぱいになる。

| トラックバック (0)

2月12日(土)・13日(日)春節祭

B-STYLE

沼尾賢一(B)

菅野公士郎(Ds)

ゲスト 斉藤浩一(G)

震災後にこの日をふり返る。あぁ、この時の私は今と違い、ノーテンキであった。前日2月11日は雪、そう今年の冬は雪の日が多かったのだなぁと懐かしくさえ思う。コーシローから「中止になるかもしれないから」と連絡を受けたが、一応準備して待っていないと入り時間に間に合わないので、前夜のうちに楽器を積んで休んだ。

昨夜の雪に今日の雪が降る朝をむかえた。正直、中止と思ったが意外にも「決行」との連絡を受け、急いで化粧をして家を出る。昨年新しいスタッドレタイヤにしたのであまり不安は無かったが、宇都宮でこんなに大雪なら、鬼怒川は・・・と考えると厳寒の中の演奏を予想した。カイロ、指なし手袋などを装着し車を走らせるが、以外にも鬼怒川ははらはらと雪舞う程度であった。「里雪かぁ・・」と鬼怒川陣は言う。あわただしくセッティングをしているとフルートの落合君があいさつに訪れた。「今年は厚着してきましたっ!」と言い、ハイネックの襟をひっぱって見せた。昨年のレポートにも書いたが、落合君は「ミュージックシンフォニー」という琴、テルミン奏者とともにフルートで参加する強力な助っ人、というかメンバーである。今年も昨年同様この三人でメインステージにたつようだ。そしてこのことも何度も書いたが、われわれB-STYLEはメインステージではなく、竜王太鼓、芸者の踊り、ミュージックシンフォニー(以下、MS)などの出し物の合間をぬって、ランダムな時間にちょこちょこっと演奏するのだ。「でも、こっちの方がクォリティが高いんだよなぁ・・・」と落合君が嬉しいことを、いや本当のことをつぶやく。そうなのだ。いつも思うのだが、ミュージックシンフォニーのステージは学芸会チックに見える。だがそれは落合君のせいではない。むしろ落合君の加入でMSのステージは格段にレベルアップしたといえると思う。琴の彼女の陳腐な歌が、学芸会にしてしまっているのだ。だが一般のお客さんはそんなことは気にもしないだろうから、MSの皆さん、御安心を・・・。(かなり失礼)

「あっ!ミュージックシンフォニーが二人になってる!!」このことも昨年書いているので恐縮だが、いやにMSの動向に敏感なコーシローが叫んだ。「テルミン、リストラかぁ・・・」賢ちゃんが「ウフフ」と笑って言った。悪質である。しかし本当にリストラなのだろうか。ほとんど昨年、いや、その前から変わらないレパートリーの披露を皆で見守った。今年の新曲は「いきものがかり」の「ありがとう」のようである。

だったらお前達の演奏はどうなのかと聞かれたら??われわれはリストラもなく毎度のチームワークで素晴らしい演奏を披露した。自分のブログなのでこのように自由に書けて幸せである。一日目は悪天候のためいすに座って聴いてくれる方はいなかったが、二日目は見事に天候も回復し、お客さんもたくさん訪れ、いろいろと声もかけていただいた。メインステージより楽しいとのお言葉もいただき嬉しく思うが、やはりいろいろな出し物があちこちに共存することが良いというのが私の本意である。

震災以降、観光地に訪れる人も少なくなってしまい、今後の観光シーズンへの懸念や、その中でも関係者がいろいろ知恵をだしあい、観光客をよびこむための努力する様子がテレビなどでも報道されている。今後もイベントが存続し、この鬼怒川温泉もたくさんの人でにぎわうことをことを願っている。

Dsc09871

2月12日、初日、とても寒かった。雪の積もったいすが悲しい・・・。

Dsc09891

昨日の雪が嘘のような二日目、13日。

一日目は雪に翻弄され、この日の天気には無邪気に喜んで演奏した。私たちはちっぽけな存在だなぁ、とつくづく思う。

| トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »