« 6月9日(水) 議場コンサート | トップページ | 7月3日(土)真岡般若時 薬師祭 »

6月26日(土)石の蔵ビュースタジオ

水川寿也(尺八)

水野茂(Perc)

豊田悦見(Tb)

村上聖一(B)

中牟田かおり(Ds)

なかなかない編成である。主に尺八奏者水川氏のオリジナル曲をメインに演奏。聞くところによると水川、水野両氏は大物らしい・・。たとえ大物相手でも私はビビることなく自分の演奏をするしかないので、そのつもりで練習をしていた。

石の蔵ビュースタジオとはジョイトーク英会話教室代表の土屋氏所有のものである。場所は氏家からさらに奥に入る那須烏山市にあり、同じような景色が続く田園地帯をひたすら走った。曲がるところを見失いそうになったが「おっと、ここだ!」と急ブレーキと共にキキキーと右折しスタジオに到着。車を降りると近くで農作業をしていたおばちゃんに何事か話しかけられる。しかし何を言っていたかは聞き取れなかった。周りに家もないし、思い切り演奏しても近所に「うるせー」などと言われることもないだろう。家畜のにおいもただようのどかなスタジオである。

土屋氏自身は摩訶不思議な演奏をするアルトサックス奏者である。ステージ、グランドピアノもあり床は大谷石でできていてヒールのある靴で歩くと躓きそうになる。客席は50人は入ると思われる。リハを終え、そうめんをいただいて、本番となった。演目はソロをとるところもあるが、ジャズではない。リズム隊の村上氏、中牟田嬢もジャズのプレイヤーではないと見受けられた。しかし中牟田嬢はなかなかパワフルでタイトなリズムをキープしていて、ふと高校時代にハードロックをやっていたときのことを思い出した。気持ちのいいドラムであった。

人里はなれた場所ゆえ、集客は大変だろう。しかしこんな田舎でも、決して多いとはいえないが楽しみに来てくれるお客さんがいた。私たちも専攻ジャンルの違う(こんな言葉はないか?)慣れないメンバー同士、しかもオリジナル曲で譜面をよく見ていないとわかんなくなっちゃう~という状況でなんとか演奏を終えた。笑顔の優しい水川氏、迫力のあるパーカッションで存在をアピールした水野氏、なかなかない編成で楽しいライブであった。

この石の蔵ビュースタジオではライブのほか、ジャムセッションも行われているらしい。ドライブがてら?楽器を持っていってみるのもいいかもしれない。土屋氏も喜ぶであろう。

Dsc09503

中央の雷さまのタイコのようなものは水野氏持参のパーカッションである。この日は湿気が多く、氏はイマイチ音に納得していなかったが、私たちは珍しさもあいまってか、演奏に十分なアクセントをつけるものだったと思った。


« 6月9日(水) 議場コンサート | トップページ | 7月3日(土)真岡般若時 薬師祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125801/36052780

この記事へのトラックバック一覧です: 6月26日(土)石の蔵ビュースタジオ:

« 6月9日(水) 議場コンサート | トップページ | 7月3日(土)真岡般若時 薬師祭 »