« 7月3日(土)真岡般若時 薬師祭 | トップページ | 8月15日(日)ふれあい橋ビアガーデン »

第28回 オリオンジャズ

アーティスティック・ジャズ・ワークショップ

亀和田國彦(As) 阿久津典計(G)

岩見達也(B) 須藤晶(Ds)

鈴木美佐子(Vo)

宇都宮には「○○ジャズ」、というイベントが数多く存在している。宇都宮駅構内での「ステーションジャズ」、6月から8月の間催される「サンセットジャズ」、秋の「宮ジャズ」、ジャズ以外の音楽グループも多数参加することから春には「宮ギグ」、という大きなイベントもある。他にもあるかも知れないが・・。今回は旧新星堂の横での「オリオンジャズ」である。我々「アーティスティック・ジャズ・ワークショップ」(以下AJW)のほか、渡辺貞夫が指導する中高生の「ジャフロ」という打楽器のグループ、フュージョングループの「I Am」、トロンボーンカルテットの「豊田悦見グループ」以上計4バンドが参加した。タイ国に転勤した元ドラムの森内裕之氏はこのようなイベントの役員をしていたため以前は我がAJWもせっせとあちこちのイベントに出演したが、最近は誰も申し込むメンバーがいないため今日は久しぶりの出演となった。控え室に行くとTシャツが支給され、これを着て演奏する、とのことである。私はTシャツで演奏するのはあまり好きでない。しかも白のTシャツである。男性陣はみなそれなりの年齢のため、下着姿のおじさんに見える。私たち女性陣は自前の上衣を脱ぎ捨て白Tに着替え、優れたファッションセンスを発揮できないままステージに向かった。持ち時間は約1時間だが前のグループ「ジャフロ」の演奏が20分ほどで終了したため打ち合わせもしないまま演奏スタートとなった。演奏が始まれば白Tのことは頭の中から消える。私は演奏することのどういうところが好きかというと、「演奏中は日常のくだらないことを忘れられる」というこの「一点に集中できる」状態がとても好きなのである。返せば普段はいかにつまらないことに縛られているか・・ということになるのだろうが・・・。それはさておき、今回はギターの阿久津氏が一緒ということもあり、AJWのレパートリーの中から、ギターがテーマをとる曲を中心に演奏した。ソニークラークの「マイナー・ミーティング」これはギターとサックスが一緒にテーマを奏でるアレンジで私の大好きな曲である。それにウェス・モンゴメリーの有名な「フルハウス」、サックスフューチャーの「TAKE 5」、ギターカルテットで「サマーナイト」、そして鈴木美佐子のヴォーカル3曲でステージは終わった。野外イベントは音響面などなかなか思ったとおりのサウンドを追求するのは難しいが、聴いてくれるお客さんもたくさんいてそれなりに盛り上がっいたので、私たちも久しぶりのこのイベントを楽しむことができた。

私はこの後、市内「ベースキャンプ」でのライブを控えていたため、演奏後はすぐその場を離れたが、すべてのバンドの演奏終了後、ジャムセッションが行われたようだった。それも終わった後、ベースの岩見、サックスの亀和田両氏がベースキャンプに遊びに来てくれ、ここでもセッション、そして演奏終了後は岩見氏を中心にジャズ談義(説教??と言った者もいたが・・)におおいに花が咲いた。先に帰宅した私がいなくなった後も彼らは談義を続けたのだろうか・・・?みんな元気だなぁ・・・。そしてジャズが好きなんだなぁ・・。と改めてしみじみ思った一日であった。

Dsc09532_2

あぁ、これが下着姿のおじさんおばさんバンドである。夏休みの今、最近は人通りの少なくなったと思われるオリオン通りも多少にぎわっているように思えた。近くにオープンした「ドン・キホーテ」の影響だろうか??


« 7月3日(土)真岡般若時 薬師祭 | トップページ | 8月15日(日)ふれあい橋ビアガーデン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125801/36189998

この記事へのトラックバック一覧です: 第28回 オリオンジャズ:

« 7月3日(土)真岡般若時 薬師祭 | トップページ | 8月15日(日)ふれあい橋ビアガーデン »