« 2月27日(土)上野楽器西ミュージックセンター | トップページ | 私の英語学習  禁断の海外ドラマ »

私の英語学習    もう一人のアライ先生

そうだ、忘れてはならない。高校時代の英語の先生も「アライ」先生だった。もっともアライ違いの「新井」先生だが・・・。やはり女性の先生。タイコさん似の「荒井先生」と違ってこちらの新井先生は、あっ、サザエさんにそっくりだった(髪型も)。二人とも「サザエさん」の登場人物に似ていると思うあたりが、私の発想の貧困なところなのだが、新井サザエ先生は、日々力が有り余っている高校生を相手にしているせいか、とにかく元気でいつも廊下をガニまたでガニガニと歩いていた。授業中もパワフル、指名して、私たちが答えに詰まっても、「はい、次!はい、次!」変な意訳をしても「気持ちはわかるね、気持ちはわかるね」と連呼し「はい、次!はい、次!」と1時間に全員を指名するかのような勢いであった。私の通っていた高校は英語学習に力を入れている、(と言われている)学校だったため、他の公立高校より多く英語の授業があった。その上、学校外での私は「鋼鉄の少女」のところにも書いたとおり、筋金入りのハードロッカー(ヴォーカリスト)だったため、英語で絶叫しながら歌わなければならず、そのため英語の授業は真面目に受けていた。英語以外の授業では、バンドで自分が歌う歌の歌詞を和訳していた。それは「悪魔が降りてきたぜ!」とか「オマエの××××を○○○○してやるぜ!」とか、スラングだらけのあまりお上品でない内容だったため、学校指定の辞書「ユニオン英和辞典を使っての和訳にいまひとつ自信が持てなかった。高校時代はいつも回りに英語があったがこれをさらに専門的に大学で勉強したいと言う気持ちは全然なかった。

高校を卒業し、音楽の専門学校に通っているときも、英語の授業は一時間だけあった。講師はスコット・ドラムヘラー先生。「迷い道」のところにも書いたが、この学校にはあまり真面目な生徒はいなかったので、ほとんどの生徒は授業を全然聞いていなかった。ドラムヘラー氏はそんな彼女らにむっとしているように見えた。しかし私を含む数人は、教室の最前列に席を取り、ガイジンと接することができるということで、熱心に授業をうけた。ドラムヘラー氏はそんな私たちを「Nice Girls!!」と呼び、Nice Girlsに向けて授業をしてくれた。

この後10年経ってからまた英語を勉強することになるとは思っていなかった。若く愚かな私は勉強することの重要さなどこのときは全然わかっていなかった。卒業すれば勉強から開放されると、無邪気に喜んでいた。社会に出てから、この頃の愚かさを何度か悔やむことがある。


« 2月27日(土)上野楽器西ミュージックセンター | トップページ | 私の英語学習  禁断の海外ドラマ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125801/32595061

この記事へのトラックバック一覧です: 私の英語学習    もう一人のアライ先生:

« 2月27日(土)上野楽器西ミュージックセンター | トップページ | 私の英語学習  禁断の海外ドラマ »