« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

1月16日(土)・20日(水) 

宮の原こどもクラブ閉講式

宮の原いきいきセミナー閉講式

大島 美知恵(FL)

私は宇都宮市内南部の陽光地区在住であるが、単身ゆえ、地域の活動などに参加することはなく、催し物などは回覧板で知る程度の住民である。対して大島さんは御両親も、御子息も地域の活動に積極的に参加しているらしく、今回わりと近所で、大島一家在住の、宮の原地域のイベントに呼んでいただくことになった。両日とも対象年齢が異なり、こども向けの曲、大人向けの曲とプログラムを組んだため、1月に入ってから、約40曲を練習してきた。今回は大島さん主導で選曲していただいたが、いろいろなジャンルから選ばれ、よく考えられた選曲になり、これならどんな方にも楽しんでいただける内容になるだろうと思った。私はここのところこのようなイベントが多く入っており、ジャズからは離れた音楽をやる毎日である。しかしみんなが知っている曲というのはどれも素晴らしく、演奏していても楽しい。

演奏場所は宮の原小学校内の公民館の二階である。30畳ほどの畳の部屋で、寒い日だったが、日がよくあたり、暑いくらいであった。16日のこどもクラブの方では、アニメやディズニー、クラシックなど20曲ほど演奏。間に童謡イントロクイズでも二人で演奏しながら進めた。はじめはじっと見つめられて緊張したが、やがて知っている曲が出てくると一緒に歌ってくれ、私たちも次第にリラックスして演奏できた。しかし譜面ものはよく見ていないと、進行がわからなくなってしまい、間奏などもしっかり弾かなくてはいけないので、気が抜けない。笑顔で演奏することを心がけてはいるが、たまに眉間にしわが寄っていたかも・・・。20日のお客様は16日とはガラッと変わり、人生の大先輩方である。懐メロや時代劇のテーマなどを25曲ほど演奏。皆様の反応がとてもよく、あたたかい声援に励まされ、楽しく演奏させていただきました。

後日、今回のイベント担当の方から「演奏を聴いた方から、《とてもよかったです。》というはがきをいただきました」というメールが届き、嬉しく思いました。はがきというのが趣があっていいですね。さすが人生の先輩です。今度はわが陽光地区でも演奏の機会があることを期待したいです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »