« 10月24日(土)グリンデルベルグ自治医大店 | トップページ | THE DOLPIN »

LOM インターナショナル

田園都市線三軒茶屋駅に着いた。ここで降りるのは初めてだった。マリさんに言われたとおりに歩き、あるマンションの一室でマリさんと会った。マリさんは日本人女性だった。部屋はさほど広くないがパソコンが何台かあり、営業マンのような男性が出たり入ったりしていて、はじめはわからなかったが、どうやら異業種のもの同士でオフィスをシェアしているような感じであった。ピアノやレコードプレイヤーもあった。マリさんからもらった名刺には「LOM INTERNATINAL」とかいてあったが、なんのことかわからなかった。すこし経つと一人の白人男性が部屋に入ってきた。「主人よ」彼がルイスだった。マリさんがピアノを、ルイスがドラムと英会話を教えているらしい。レッスンのほかに留学する人たちの出願から留学するまでのさまざまな手続きのサポートをしているようだった。ルイスはボストン出身で、たしかハーフポーリッシュ。二人は共にバークリー音楽院を卒業していた。今のようにたくさんの日本人が留学する時代と違って、日本人の、しかも女の子の留学生など自分のほかにはいなかった。とマリさんは、後になって言っていた。二人の間にはリサという名の娘が一人おり、外見は西洋人のそれだが、話すと完全に日本人である。無理やりコントラバスをやらされているらしかった。いまは30代真近の彼女も当時は中学生。制服を着て思春期の女の子らしくやや無愛想だったが、私が来る日は彼女も学校帰りにここに立ち寄り、私の演奏にあわせてベースを弾いた。ルイスがドラムをたたき、リサはいつもルイスに「ちゃんと音が鳴ってない」と叱られていた。鳴っていないベースでも、三人で音を出すということは、結構楽しいことであった。そしてレッスンの中でマリさんはそれまで私が聴いたことのない曲を弾かせたり、聴かせたりした。特にWayne Shoterのオリジナルなどは印象的だった。どれも良くできたすばらしい曲に思えた。初めてのレッスン日だったか、少し経ってからか忘れたが、「ずっとここで習っていないで、バークリーに行った方がいいわ。こういうのがあるのよ。」マリさんはバークリーの奨学金取得のオーディションの案内をわたしに見せて言った。そんなものを見せられても、当時のわたしは全財産を失って、なんとか少し立ち直ってきたとはいえ金銭的にも、精神的にも考えられないことであった。一番安いスクールだと思い、入会したのになんてことを言うのだと思い、特になにも答えず、あいまいにうすら笑いを浮かべたわたしに「申し込みの手続きはわたしが全部やってあげるわ」とマリさんは言った。このときの私はまだ何も考えることなく、帰りの電車に揺られている間に、マリさんに言われたことは忘れていた。


« 10月24日(土)グリンデルベルグ自治医大店 | トップページ | THE DOLPIN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125801/31729587

この記事へのトラックバック一覧です: LOM インターナショナル:

« 10月24日(土)グリンデルベルグ自治医大店 | トップページ | THE DOLPIN »