« 6月21日(日)那須ガーデンアウトレット | トップページ | 7月4日(土) 薬師祭 真岡般若寺 »

Au Privaveで阿波踊り?

いくら私がノーテンキでも、当時の自分の演奏がJAZZであるとは思っていなかった。私はどこかのジャズピアニストにピアノを習いに行こうと考えた。誰に聞いたか忘れたが、もしかして前出の小杉さんかもしれない。「板さんはすごいよ」彼がそう言っていたのを覚えているのだ・・。板さんとは板前さんのことではなく、足利在住のピアニスト「板倉克行」氏のことである。

足利まで行くのは当時の私にとっては大変だった。板さんにレッスンを受けたいと連絡をとると、どうやって来るのか聞かれたのだと思う。私は自分の車がなかったので、JR東北線、両毛線を乗り継いでいく。と答えた。すると板さんは「大変だなぁ・・。じゃあ{タマ}が足利駅まで迎えに行くから」といった。「タマ?」猫が迎えに来るのだろうか?初レッスン当日、私はやっとの思いで足利駅に着いた。すると「野中さんですか?」若い女性が素朴な笑顔で近づいてきた。「タマ」さんとは「板さん」の奥さんなのか・・。と私は理解した。「タマ」さんの運転で、板倉邸に着いた。よく覚えていないがミュージシャンらしい個性的な感じのする家で、家に入るとすぐ、グランドピアノがボーンとあった。「よくきたね」板さんとタマさんはかなり年の差がありそうに見えた。タマさんは生まれたばかりだという女の赤ちゃんを抱いて見せてくれた。板さんも目を細めて幸せそうであった。

板さんはまず「ブルースを弾け」と言った。「スタンダードジャズのすべて」という赤くて太い本を開いて「{Au Privave}これをやろう」「これをやろう」と言われてもどうやるんだろう・・・。しかし考えるより先に手を動かした。私は今でもこの傾向がある。ほんの少し考えてから弾けばよりましな演奏ができるかもしれないのに、弾いてからあれこれ気づき、ドツボにはまるのだ。まぁこの欠点を自覚しているだけ、よしとしよう。「Au ~」はFのブルースだが「Bag's Groove」などと比べるとテーマを弾くのはやや難しい。それに左手の押さえ方はできていたのだろうか?思い出せないが、たぶん苦しみながらテキトーに弾いたのだろう。すると板さんは「イェイ」「アオー」「ダバダディヤ」などと意味不明の言葉を発しながら、クラッピングしつつピアノの周りをまわり始めた。「!」私は、板さんの動きを止めてはいけないと思い、なんとか演奏を続けた。そこにタマさんが赤ちゃんを抱いて入ってきた。そしてあろうことか赤ちゃんをグランドピアノの上に寝せると、「ハッ」「イェイ」と板さんと共に踊りだした。二人とも腰を落としたりして、さながら阿波踊りのようであった。私はJAZZの真髄?いやこの夫婦の真髄を見たような気がした・・。

実は板さんはフリージャズのピアニストだった。主にケシャバン・マスラクというサックス奏者と演奏活動していた。私のようなものが教わってはいけない人だったのかもしれない。

今はJAZZ教育もシステム化しつつある。「左手は7th、3rdにテンションを加えて」とか「ソロはブルーノート、ペンタトニックスケールも使えます」板さんはそんなことは一言も言わなかった。私はJAZZは習うものではないのだ。と気づき始めた。


« 6月21日(日)那須ガーデンアウトレット | トップページ | 7月4日(土) 薬師祭 真岡般若寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125801/30270258

この記事へのトラックバック一覧です: Au Privaveで阿波踊り?:

« 6月21日(日)那須ガーデンアウトレット | トップページ | 7月4日(土) 薬師祭 真岡般若寺 »