« 迷い道 ③ 幼児教育の巻 | トップページ | ある ジャズピアニストの出会い »

迷い道 ④ ピアノ講師のオーデションを受ける、の巻

幼児教室に勤務しながらも、私は常に転職を考えていた。ここの仕事は楽すぎた。キャリアウーマン(?)を目指す私は力が有り余っていたのだろう。履歴書をたくさん買って、貼付する写真も用意し、日曜日は新聞折込の求人情報すみからすみまでチェックした。実はこの求人情報をチェックするのが、癖になってしまい、いまだにその癖は抜けない。まぁ今はそれほど真剣に見ていないが・・・。しかし当時に比べると、求人誌の数は激減していると思う。そこである日、音楽教室の講師募集の求人を発見した。問い合わせると、オーデションを受けてくださいとのこと。当時ピアノは弾いていなかったが、学生時代にさらった曲を引っ張り出し、練習した。課題曲などもあり、音楽理論などの筆記試験、作文などもあったように思う。必要書類を揃え、新横浜まで、オーデションを受けに行った。

就職と同時にピアノは辞めたはずであった。しかもこの時点で、卒業から1年もたっていないのにすでに2つ目の職場にいて、なおかつ転職しようとしている。私はどこに向かっていこうとしているのか、どこに行きたいのか、全然わかっていなかった。

「新横浜って、都会だなぁ・・・」試験会場はなんと横浜アリーナであった。この日の記憶はほとんどないが、筆記試験で会場に入ると、専門学校時代のシンセサイザーのK先生が、試験監督者として、そこにいた。先生は今もこの音楽教室の講師スタッフで、楽器はベースなのだが、研修などでたまにあう。「先生は偉い人だったんだ~」私はその時そのように思った。一人だけでも知っている人がいて、少し安心した。言葉は交わさなかったが、先生も私に気づいたようであった。

試験が始まり、先生は教室をまわり始めた。そして私の解答用紙をしばらく見ると皆にむかって言った。「つまらない間違いで点を落とさないよう、よく見直してください」「なに~?私の答案を見た後にそんなこというなんて失礼な!」鼻息を荒くしながらふと答案を見ると私はバカミスを犯していた。「あぶない。あぶない。先生の言ったとおりだわ」先生、ありがとう、と心の中で手を合わせた。実技は○○のひとつ覚えで「ラプソディ・イン・ブルー」を弾いた。だってこれしか弾けないんだもん!!

K先生のお陰か、私は無事オーデションに通った。しかしこれですぐ仕事・・・というわけではなく、まず研修をやる、との連絡がきた。私は幼児教室の仕事を休み、日吉まで研修を受けに行った。


« 迷い道 ③ 幼児教育の巻 | トップページ | ある ジャズピアニストの出会い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125801/29705568

この記事へのトラックバック一覧です: 迷い道 ④ ピアノ講師のオーデションを受ける、の巻:

« 迷い道 ③ 幼児教育の巻 | トップページ | ある ジャズピアニストの出会い »