« ソフトボール | トップページ | 迷い道 ① »

鋼鉄の少女

無事、高校受験も終わり、私は高校生になった。高校は共学で自宅から近く、中学時代と同様、自転車で通え、しかも15分で行けた。合格祝いに当時ちらほら出回りだしたデジタルシンセサイザーを買ってもらった。20万くらいしたと思う。私がほしいと言ったのだろうか?このあたりのことは覚えていない。私の両親にしては太っ腹だったと思う。

小学校高学年時から「ニューミュージック」を好んで聴いていたため、なんとなくバンドをやりたいと思っていた。中学時代はソフトボール一辺倒だったが、もう運動部に入る気はなかった。ピアノを弾き、最先端のシンセサイザーを所有しているという理由で、隣のクラスの男の子に誘われロックバンドに加入することになり「こういう曲をやるから聴いておいてくれ」と渡されたカセットテープに入っていた音楽、私とハードロックの運命的な出会いだった。

朝はハードロックとともに目覚め、身支度、学校では授業中、英語の歌詞を和訳、帰宅してからもとにかくいつもハードロックを聴いていた。土曜日はバンドの練習、交通手段は自転車しかないので、シンセをかごの上に乗せ、よたよたと田んぼ道を走った。みんなで少ないお小遣いから500円ずつ出し合い、「新○堂」や「キーボード・○ヤ」で練習に励んだ。他校の学園祭に出たりもした。自分は一生、こういう音楽を聴いていくのだ、と思っていた。

この年代の子供は扱いにくいと思う。自分は何者でもないくせにどこかで仕入れた受け売りの反抗的な言葉を発し、振舞う。私もこの時期はだんだんとんがった性格になっていった。別に不良というわけではなかったし、勉強もそれなりにしていたが、自分はこれからどうなっていくのか、ちゃんと大人になれるのかという不安が常にあった。私は本を読むことも好きだった。読書家でなにかと文学的な物言いをする友人と本を読んでは語り合った。

高校受験時もピアノはやめなかったが、高校1年の終わりについにやめた。私はロックするのだ、といきがっていた。

Img

これは悪魔である。高校三年のときらしい。「ZEPHYR」というバンドのライブでの一枚。会場にはメイクさんがいて、彼女の手によってこのような顔になった。これを見るとホント、大人になってよかったと思う。もうこの時代に戻らなくていい。


« ソフトボール | トップページ | 迷い道 ① »

コメント

面白い、実に面白い。happy01
日中、車を運転しながら拝見。
あまりの面白さに気がつくと時速40Kmで走行。
後ろを走っていたダンプにクラクション攻撃&蛇行運転。
思わず関係ないところで右折してしまいました。
そのくらい面白く拝見しました。
http://www.youtube.com/watch?v=72mjybALtUQ
こちらも覗いてみてね。多分爆笑up
http://www.youtube.com/watch?v=bCVpp4Gb2Xo

投稿: gan-g | 2009年4月20日 (月) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125801/29176991

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼鉄の少女:

« ソフトボール | トップページ | 迷い道 ① »